絶対に知っておくべき!病院内における清潔と不潔の定義とは?

こんにちは。
管理人のツヨシです。

今回は、「絶対に知っておくべき!病院内における清潔と不潔の定義とは?」というお話しです。

一般的にいわれる「清潔と不潔」というと、例えていうなら、

あの人は清潔感がある。」
キッチンが汚れていて不潔だ。」

というように、見た目や状況を指す表現に使われることが多いです。

 

対して、病院内では、「清潔と不潔」という言葉はどのような時に使われるのでしょうか?
病院で働く以上は、絶対に必要なことなので、ここでお伝えしておきます。

 

病院内における清潔と不潔の定義とは?

清潔の定義とは?

病院内で使われる「清潔」というのは、

 

菌やウイルスで汚染されていない状態

のことです。

 

例をいくつか挙げると、

 

「使用する前の医療器具」は、「滅菌」されているので、「清潔な状態になります。

僕らが使う「清掃用具」同じで、「使用前のマイクロクロスやモップは清潔」になります。

手洗いをして雑菌が落ちている状態は、清潔になります。

 

不潔の定義とは?

では逆に、「不潔」とはどのような状態を指すのでしょうか?

 

それは、

 

菌やウイルスで汚染された状態

のことを指します。

 

例をいくつか挙げると、

 

使用後の医療器具は菌やウイルスで汚染されているので、「不潔」になります。

また、使用前の医療器具を床に落としても、不潔になってしまいます。なぜなら「床」というのは基本的には、「不潔エリア」とみなされるからです。

「清掃用具」も一度でも使ったり、床に落としたら、たちまち不潔になります。

「床」には埃やゴミが落ちています。特に「埃にはMRSAなどの 病原性微生物 」が潜んでいる確率がきわめて高いため、徹底した除去が必要不可欠になります。

 

また、ドアノブや手すりなども埃が付きやすいので、注意が必要です。

 

その他には、トイレの便器に「便」などが付着している場合も「汚染されているため、不潔」となります。特に便には、「 病原性大腸菌 や ノロウイルス 」など感染を引き起こす原因菌が潜んでいる可能性が高いため、徹底した「除去」が必要になります。

 

さいごに・・

ざっとでしたが、「病院内における清潔と不潔の定義」をお伝えしました。

 

上の事例以外にも清潔不潔に該当するケースは多数ありますが、大別すると、

病院内で使われる「清潔」というのは、菌やウイルスで汚染されていない状態

逆に「不潔」というのは、菌やウイルスで汚染された状態

 

このように覚えておけば間違いないのではないでしょうか。
あとは、勉強 そして、実務の中でひとつひとつ覚えていってください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。